在宅臨床検討のもう一つの時期: オンライン臨床検討の開発

ビデオ通話やトークを活用した Web 上でのオンライン会議は、臨床現場に進歩的な変化をもたらしています。 これにより、専門家と患者は実際の距離を超えて継続的に情報を提供し、判断と治療のプロセスを推進することができます。 以下では、ビデオ通話やトークを活用したオンライン診療のメリットとその具体的な活用方法を徹底解説します。

アドバンテージ:

  1. 視覚データの共有: 専門家はビデオ通話を利用して、患者の色、オンライン診療 見た目、体の状態などの視覚データを収集できます。 これは、より正確な結論を考慮したものです。
  2. 継続的なコミュニケーション: 専門家と患者は、ビデオ通話や会話を通じて段階的に協力できます。 患者さんの副作用や病状の変化を素早く把握し、適切な指導や治療を行うことができます。
  3. 遠方の地域への入院:地理的な距離は現時点では障害にはならないため、遠方の地域に住んでいる患者は専門家の診察を受けることができます。 具体的な情報については、実際に専門家に問い合わせることをお勧めします。
  4. 役立つ開発: 専門家のオフィスに来られない場合でも、通常の開発が必要な場合でも、ビデオ通話や訪問を通じて PCP と連絡を取り続けることができます。 これにより、患者の医学的問題への対処がより簡単になります。

明示的な使用:

  1. 導入カンファレンスと決定: 患者は自宅からビデオ通話を通じて PCP による副作用や医学的問題を検査し、正当な所見を得ることができます。 専門家は患者の声からデータを収集し、副作用の原因を特定しようとします。
  2. 薬と勧め:専門家は、訪問を通じて治療法を与え、処方箋の潜在的なリスクを回避するための最も熟練した方法についてアドバイスを与えることができます。 患者様は、疑問や不安を率直に打ち明けることができます。
  3. 実験結果の理解: ビデオ通話を利用して、専門家は患者に実験結果と写真を理解します。 視覚的なデータを共有することで、患者はより実質的な理解を得ることができます。
  4. 専門家とのディスカッション: 広範囲にわたる投薬にもかかわらず、明確な強みを持つ専門家とビデオ通話を通じて連絡を取ることができます。 たとえば、皮膚科や精神科など、明確な分野の専門家から結論を得ることができます。 Web を介したビデオの持ち込みと訪問により、患者と専門家間の重要なデータ分割と通信が可能になります。 それにもかかわらず、保護とセキュリティを守ることが重要であることも同様に思い出すべきです。 イノベーションが発展するにつれて、これらの困難に対処するための対策もおそらく進歩するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *